3160

トップへ戻る

市瀬 洋子

市瀬 洋子 いちせ ようこ

合同会社 ゴールデンベルズ

代表社員

プロフィールPROFILE

1944年3月9日福岡市内で5人姉弟の第三子として生まれました。父は国家公務員で矯正施設に勤務し、母は専業主婦という環境の中で育ちました。

子どもの頃は自然が豊かな時代で、どの家庭も子どもが4~5人と多く、小学校時代まで遊ぶ時には20人ほどの仲間たちと缶蹴りや追いかけっこ、木登り、探検、水泳など、近くの山や池で遊びまわって育ちました。中学生の時は学校が遠方の為、自転車通学をしていましたが、当時の道路はまったく整備されてなく、でこぼこ道で雨になるとぬかるみ、たまに追い越していく車には盛大に泥水をかけられるなど、苦労が絶えない時代でした。小、中、高と学校では目立つ存在ではなく、どちらかというとおとなしく目立たない存在で、帰路から元気が出るタイプでした。
 
福岡県立筑紫丘高校を卒業し、九州大学文学部入学、その後九州大学文学研究科修士課程から博士課程に進学しました。
大学、大学院では国史学を専攻し、特に江戸時代の福岡県諸藩、なかでも筑後国の久留米藩を中心に財政・経済史を研究。当時は、女性はとくに仕事に恵まれない時代でしたから、一方で教職を目指して勉強し、中学・高校の社会科教諭の資格を取得しました。そして、この間ブームとなった市町村史の編纂や各種辞典・事典類の編纂にも携わりました。

28歳で私立の女子校に職を得た後、およそ40年にわたって、高校、短期大学、四年制大学で教鞭をとりましたが、この間、福岡県内における市町村史の編纂や各種辞典・事典類の編纂にも携わり、1997年には学位、博士(文学)を取得しました。
四年制大学時代には、図書館長、就職部長、経済学部長などの要職を経験して学生目線での改革に尽力し、定年退職後の2009年にはその功績を認められ名誉教授の称号を授与されました。

キャリアカウンセラーの資格を取ったのは大学の教授時代です。その頃、適職につけず早期に退職、転職を続ける学生達に心を傷め、大学における《キャリア形成の必要性》を深く自覚したことによります。

当時(20世紀末から21世紀初頭の頃)は大学におけるキャリア教育が確立されていない時代でありましたが、将来的な少子化、大学への進学者数の激減が見込まれたこともあって、大学での教育の見直しが喫緊の課題となっていました。

こういう情勢の中で、私は学生達があまりにも進路、就職に関しての知識が乏しく不適切な就職活動を行っているのに心を傷め、一念発起してキャリアカウンセラーの資格を取りました。この勉強で得たことを活用して、4年間の積み上げ方式に基づくキャリア教育の確立に尽力する一方、大学の改組にも取り組み、若い先生方の協力を得て実現にこぎ着けました。
特に、学生が自己の興味関心、適性、能力、価値観、スキルに基づき、しっかりした会社研究の上に適切な仕事を選んでいけるような仕組みづくり、またその指導を行う教職員の体制づくりに尽力しました。

大学の教員を退職後は、ホームレス、生活保護受給世帯、障害者など社会的弱者の就労支援に約4年間携わり、教員時代にはまったく知らなかった社会の実情を学び驚きの連続でした。この過程で教育にかわる自分のミッションはキャリアカウンセリングであると考え、できるだけ多くの研修を受け、時代に適した知識とスキルの習得を心がけて、キャリコンサルタントとしての成長を図り、実力養成に励んできました。

そして自分が生涯現役で働いていたい、何歳になっても健康が続く限り社会貢献したいという熱い思いが強くなり、2016年6月に夫と共に「合同会社ゴールデンベルズGoldenbells」を設立しました。

私の強みでありますキャリアコンサルティング、助成金申請支援、社員教育等を通して企業様の人的財産をより豊かにし、また企業様の発展に貢献したいと考えております。

そして現在、平成29年9月にフチガミ医療福祉専門学校社会福祉通信課程を卒業し、来年2月の国家試験に向けて只今奮闘努力中です!

【保有資格】
・2級キャリア・コンサルティング技能士(1級実技試験合格)
・国家資格キャリアコンサルタント
・CDA
・ジョブ・カード作成アドバイザー
・訪問型職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修終了

【略  歴】
・約40年間に及び高校・大学において歴史教育・キャリア教育に携わる(九州共立大学図書館長、就職部長、経済学部長を歴任、九州共立大学名誉教授)
・路上生活者、生活保護受給世帯、障害者などへのキャリア・コンサルティング(退職後約4年間)
・フリーランスでのキャリア・コンサルティング事業(約7年間)
・合同会社ゴールデンベルズ(平成28年6月設立)個人
・企業対象のキャ リア・コンサルティング事業、人材育成関連事業(研修や訓練等)

【社会的活動・業績】
・久留米市史執筆委員に就任(昭和51年~昭和57年)
・八女市史編纂委員・執筆委員に就任(昭和59年~平成5年)
・雄山閣出版株式会社『藩史大事典第7巻九州編』「筑後国(福岡県)の諸藩」の久留米藩・松崎藩を執筆(昭和63年7月発行)
・粕屋町史編纂委員・執筆委員に就任(昭和64年~平成3年)
・角川地名事典40「福岡県」編纂委員・執筆委員に就任(昭和63年~平成 3年)
・福岡県大野城市文化財保護審議会委員に就任(平成 4年~平成27年)
・田主丸町誌執筆委員に就任(平成 4年~平成9年)
・福岡県北九州市文化財保護審議会委員に就任(平成 5年~平成14年)
・近世有明海沿岸干拓資料調査委員に就任(平成 6年~平成7年)
・春日市文化財保護審議会委員に就任(平成 6年~平成9年)
・椎田町史執筆委員に就任(平成 9年~平成17年)
・大野城市歴史民族資料館調査委員会委員に就任(平成10年~平成13年)
・大野城市史編纂委員会委員および執筆委員に就任(平成11年~平成17年)
・北九州市歴史・考古博物館協議会委員に就任(平成12年~平成14年)
・平凡社「福岡県の地名」(歴史地名体系41)編集委員・執筆委員に就任(平成13年~平成16年)
・行橋市史執筆委員(平成13年~平成18年)

【表彰】
・平成 5年:八女市から、多年にわたる八女市史編纂専門委員としての功績を表彰される
・平成11年:福原学園から、学術的貢献(学位 博士(文学)の取得)を表彰される
・平成14年:大野城市から、多年にわたる文化財保護審議会委員としての功績を表彰される

[最終更新日]2017/10/20

経営理念POLICY

企業様の理念、経営方針を大切に、情熱をもって、生産性向上につながる明るい職場環境構築のお手伝いをさせて頂くことをモットーとし、人と社会に貢献いたします。

わが社の強みSTRENGTHS

・経験豊かなキャリアコンサルタントが専門的な知識やスキルに基づき中小企業における労働者に対するキャリアコンサルティング→労働者の職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言する→労働者が環境の中で効果的かつ自律的に機能できるように支援します。

・アサーションを中心とするコミュニケーション能力の育成(初任者や中間管理職など)

・キャリアコンサルタントを目指す方々に対する懇切丁寧な教育や指導をお手伝いいたします。また、助成金活用の支援、特にキャリアコンサルタントが行う人材開発支援助成金制度のセルフキャリアドック制度はお勧めです。(助成金額47.5万円)(必要に応じ、弊社と業務提携している社会保険労務士が共に相談に乗ります)

今後の目標(ビジョン)VISION

キャリア形成支援を通して、従業員の皆さんが気づきを得て「生きがい」「やりがい」を見いだし、自分の「知識」「能力」「スキル」を高め、明るく元気な職場環境作りに携わり、企業の業績アップに貢献することを目標としています。

その実現のため、キャリアコンサルタントの顧問契約、社員研修、アサーショントレーニング、人材開発支援助成金制度のセルフキャリアドック制度導入を勧め、企業様に喜ばれることを目指しています。

「キャリア形成支援」は、我社の業務の中核を示す言葉です。“働くこと”や“生きること”と関わる、私たち人間にとってたいへん重要な意味内容をもつ言葉ですが、まだ、国民に広く理解されているわけではありません。現在、この仕事について広く知っていただくために活動しております。

市瀬 洋子のプロフィールPROFILE

生年月日
1944年3月9日
趣  味
キッチンガーデン(観賞と収穫の目的を兼ねる庭園) 読書 愛犬との散歩
座右の銘
一期一会
尊敬する人
マザーテレサ
所属団体
・キャリア・コンサルティング協議会 所属
・日本キャリア開発協会(JCDA) 所属
・日本EAP協会(Japan Employee Assistance Professionals Association) 所属
・福岡県中小企業家同友会 博多支部 所属
・福岡商工会議所 所属
SNS

会社概要COMPANY

会社名
合同会社 ゴールデンベルズ
住所
福岡県 福岡市 博多区博多駅東2-5-19
TEL
080-3942-7334
FAX
092-672-5068
ホームページ
http://demae-career-soudan.com/